小林昌平「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」を読んで

f:id:yaemon62:20210917043109j:plain

 

感想

日本では、「和を以て貴しとなす」という言葉が示すように、他国と比べて協調性を重視しています。その協調性により組織は能動的であり、無駄がなく、しかも有機的。

一方、組織の内側では、好むと好まざるにかかわらず、個人に対し同調圧力が働くことになります。その結果、組織の構成員は他人の目を気にしたり、他人と自分を比べたり、他人から認められたくなる。

その環境下では自然なことですが、行き過ぎると息苦しい。この悩みに対する答えを哲学者達が述べています。興味深いのは、違う表現で同じことを指摘していること。つまり、「目の前のことに集中し、自分を忘れること」です。



本書からの引用

 

 将来の不安

アリストテレスの言う「キーネーシス的な行為」は、たとえば、今の自分の楽しみを犠牲にして、将来の自分のために備蓄をするような行為。この「キーネーシス的な行為」こそ、計画的で、将来への不安を減らすものではないだろうか?

その反対に「エネルゲイア的な行為」は、刹那の快楽に任せて、その瞬間その瞬間に生きるために将来に不安を積み残すのではないか?そう感じた方もいるでしょう。しかし実際にはその逆なのです。 

結果はどうあれ、無欲にプロセスの作業を楽しむ。手抜きをせずに、一生懸命楽しみ切るという人こそ、すでに成し遂げた成果になることです。

 

 毎日がつまらない

仏道の目指すところは「自己とは何か」を本当の意味で理解することです。それは自分を何かと定義するようなことではありません。実は、自分を「忘れる」ことなのだと道元を解きます。

そしてそのために体を動かす雑務というのは、手が触れたものと一体になることで自分を忘れることができる。 自分のことを考えるのがどこかに行ってしまうような、「自意識が小さくなる」効果があります。

掃除すること。炊事すること。トイレに行くこと。歯を磨くこと。これら日常茶飯時は座禅と同じ効果(=自分を忘れること)を、よりとっつきやすい形でもたらすことになるのです 。

 

 お金持ちになるには

私たち人間を突き動かすエンジンがあるとしたら、それはお金そのものではないというのがポイントです。勤勉になれる動機を、お金以外のところに見つけ出したのがウェーバーの発見でした。

それは幼少期より克服し難い「他人への劣等感」なのかまるかつて自分を軽んじた他者への「リベンジ精神」なのか。「生きている実感が持てない」とか、「自分が何者にもなれないのでは」といった「漠然とした不安」なのか。

他人が嫌がる面倒な作業も苦にならないどころか好きでたまらないといった「無駄な情熱」かどうかはたまた「病的な適性」か。

 あなたにとっての尽きせぬエネルギー源、否応なく仕事へと駆り立てる自分版の「予定説」がどこにあるか、胸の内を探るところから始めてみるのが良いのではないでしょうか。